ここから本文です

南極観測船「しらせ」出港 2020年1月に昭和基地へ

11/12(火) 17:08配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

南極観測船「しらせ」は、第61次南極観測隊や物資を運ぶため、12日午前、東京の晴海埠頭から出港した。

南極観測船「しらせ」は、海上自衛隊員の家族などに見送られ、午前11時前、東京の晴海客船ターミナルから出港した。

12日に出発したのは、「しらせ」の運航を担う海上自衛隊員らおよそ180人で、観測隊員の多くは、オーストラリアから乗船する。

南極観測船「しらせ」乗員「寂しい思いさせると思っていますが、頑張ってこようと思っています」

南極観測船「しらせ」乗員「とりあえず頑張るしかないですね」

子ども「頑張って」

「しらせ」は、2020年1月に南極の昭和基地に到着し、観測隊は、地球温暖化の影響で解け始めている南極の「トッテン氷河」などを観測する予定。

FNN

最終更新:11/12(火) 17:08
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事