ここから本文です

失意のヘルニア離脱から半年…中日・福谷が今キャンプ投手陣最多206球投げた!「1年間戦えるように」

11/12(火) 6:00配信

中日スポーツ

◇11日 中日秋季キャンプ(ナゴヤ球場)

 ナゴヤ球場での秋季キャンプに参加している中日・福谷浩司投手(28)が11日、屋内練習場のブルペンで200球超えの投げ込みを行った。左打者の内角へズバズバ投げ込むなど、投じた球数は実に206球。1度のブルペン入りでは、沖縄の北谷組、名古屋組を含め今キャンプ最多の球数となった。

 今キャンプでは、打者から球の出どころが見にくい投球フォームの習得をテーマに掲げる。キャンプイン当初は平たんなところで投球練習をしてきたが、5日からブルペン入り。ここまで約700球を投げ込んできている。

 「今年は腰を痛めたので、1年間戦えるようにするためにはどうしたらいいのか。先発なら完投、リリーフなら必ず抑えられるように。そういう意識をもってやっていきたい」

 先発転向を目指した7年目の今年、5月6日の広島戦(ナゴヤドーム)でプロ初先発し、6イニング1失点と好投した。その後、椎間板ヘルニアで離脱。来季の巻き返しへ向け、必死の取り組みを見せている。

最終更新:11/12(火) 6:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事