ここから本文です

銀シャリが活弁に初挑戦「感触はなかったですけど、本当に気持ちよかった」

11/12(火) 14:13配信

AbemaTIMES

 11月11日に東京・渋谷TOEIにて、映画『カツベン!』(12月13日より全国公開)より活動弁士の面白さをより身近に感じていただくためのイベント“弁士サミット”が行われ、お笑い芸人の銀シャリが特別ゲストとして参加し、活弁に初挑戦。イベントにはその他、現役の活動弁士として活動する澤登翠、山崎バニラ、片岡一郎、坂本頼光が登壇しており、銀シャリを含めた5組が、映画のメイキング映像を使用したサイレント映像の活弁を披露した。

 MCより活弁というものを知っていたかについて聞かれると橋本は、「元々京都国際映画祭で少し知識はあったつもりでした」と回答。一方、鰻は、「カツベン!なんて美味しそうな弁当のことかと思いましたわ!」と答え、会場を笑わせた。また、「普段漫才はやっているけど、映像を見て言うことなんてないですから!でも今日はNEWスターが生まれるかもしれませんよ!」と言いつつ、「緊張はしてないですが、震えていますね。武者震いでしょうか?(笑)」などと緊張感に冗談を交えながら会場を和ませた。また現役活動弁士の第一人者、澤登翠は「映像がまだモノクロで音がついていなかった時代、今でいう映画は「活動写真」と呼ばれ、それ自体を体感できました。今日は新しい映画体験として持って帰ってください」と活弁の魅力について述べた。声優としても活躍する活動弁士の山崎バニラは「弁士がそれぞれ台本を書きます。だから人によって映画の雰囲気もガラっと変わります。これがまた魅力です。声優はいただいたセリフを話すのですが、活弁の経験からここ、こうしたらどうですか?などと口を出してしまい、嫌な声優になっていると思います(笑)」と話し、しゃべる仕事について語った。

 そして主演・成田凌に活弁の指導をした坂本頼光は「成田さんは稽古熱心だったので、すぐに自分の語りをつかんで、何も言うことなくて。親はなくとも子は育つとはこのことですね。永瀬さんも稽古時間が短かったのに、成田さんの師匠役を見事に務めました!」と話し、キャスト陣を讃えた。そしてライバル弁士の高良健吾を指導した片岡一郎は、「練習に行くのが憂鬱でした。自分が5年かかったものを高良さんは5分で覚えてしまう。次は何を教えればいいかわからなかったです」といい、高良の弁士ぶりを大絶賛。続けて片岡は、「森田甘路さんは舞台で活躍されている方なので、声が出来上がっていたし、茶目っ気がある人ですごくよかった!あと、ヘタクソな弁士役の人にも活弁も教えましたよ!(笑)楽しみにしててください」と映画でのキャスト陣が披露する活弁に期待感を漂わせた。

 活弁を披露するにあたり意気込みを聞かれると鰻は、「自信あります。まぁ僕らもチャンピオンですからね!」と言いつつ、橋本は「めちゃめちゃタバコの量増えてましたけどね!」とツッコみを入れ、「言わんといてや。でもね、仕上がってます!楽しみにしていてください!」と自信を覗かせた。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 14:13
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事