ここから本文です

子猫を救え! 地上20m...2日がかりの救出劇

11/12(火) 20:21配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

高知市内の野球場に到着した3人の消防隊員。彼らに課されたのは、救出のミッション。
長いはしごを立てた観客席の先にいたのは、1匹の子ネコ。
地上20メートルで行われた2日がかりの救出劇、その一部始終の様子をとらえた。

高知市内の野球場で、地上およそ20メートルの高さにあるネットによじ登ってしまった子ネコ。

駆けつけた消防隊員が綱に手をかけ、ワイヤの上をつたっていく。
まさに、命がけの救出作戦。

しかし、気配を察した子ネコは離れていってしまった。

子ネコが鉄柱に移動したタイミングで、再び救出を試みる消防隊員。

すると...ネコはネットを駆け下り、急降下。
一瞬、ヒヤッとする場面も。

この日は、保護を断念せざるを得なかった。

それからひと晩たち、翌日、出動したのは「はしご車」。

消防隊員が、保護用の網を慎重にかぶせ、保護に成功と思った次の瞬間...。

子ネコが網から飛び出し、真っ逆さまに落下。

息をのんだ、その直後...。

消防隊員「子ネコは落ちてしまったけど、元気に走って逃げていきました」

よく見ると、確かに前足から無事、着地していた。
2日間にわたる救出劇は、見事な着地で幕を閉じた。

FNN

最終更新:11/12(火) 20:37
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事