ここから本文です

異例の転身ソフトバンク平石コーチ「覚悟を持って決断」

11/12(火) 12:06配信

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの平石洋介1軍打撃兼野手総合コーチ(39)が11日、宮崎市で行われている秋季キャンプに合流し、就任会見に臨んだ。今季は楽天の監督を務めながら、同一リーグのライバル球団にコーチとして異例の転身を遂げたことに「確かに異例で、多少、複雑な思いはありますが、熱心に誘っていただき、そういうことがあってもいいのではと思い、トライしようと覚悟を持って決断しました」と明かした。

【写真】工藤監督とがっちり握手する平石氏

 ホークスでは1軍打撃コーチと兼任して野手総合コーチの肩書も付いた。今後の指導について「一番は見ること。そこから選手とコミュニケーションをとり、決して一方通行とならないように、選手にとって何が重要かを見極めていくことが大事。その中でチームがいい方向へ向かうように、腹を割って付き合える関係に一日も早くなりたい」と言葉に力を込めた。

 会見に同席した三笠ゼネラルマネジャーは招聘(しょうへい)の経緯について「野球に対する能力や熱意がとても高い方だと聞いていた。また、ライバル球団の監督経験もある。大きな課題としてある野手の成長のために、相手球団の視点で(選手の)強みや弱みにあたる部分も合わせて指導していただくと、大きな力になる」と期待を寄せた。

 背番号78での再出発となる平石コーチは、小学校卒業まで大分で過ごしたこともあり「また九州に戻ってこられるとは想像していなかった。うれしく思います」と喜びを口にしていた。 (石田泰隆)

西日本スポーツ

最終更新:11/12(火) 12:06
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事