ここから本文です

マラソン札幌開催でもブレないMGC王者中村匠吾…心配むしろ周囲「楽しみにしてた方多いので…」

11/12(火) 18:36配信

中日スポーツ

 東京五輪の男子マラソン代表に内定している中村匠吾(27)=富士通=12日、千葉市内で練習を公開し、札幌移転が決まった五輪本番のマラソンについて「東京であろうが、札幌でやろうが、当日の気候は予想できない。どういう状況になっても力を発揮できるように」と予測不能の気象条件にも柔軟に対応できる準備を進める考えを示した。

 決まったことについては前を向く。アスリートとして当然の姿だ。「やることは東京でも札幌でも変わらない。まずは100%の状態をつくる。そして起こるであろうあらゆる気象条件やレース展開を予想して準備をする」。むしろ心配するのは周囲に対してだ。「たくさんの方が東京でやることを楽しみにしていたので、それを考えると複雑」と表情を曇らせた。

 札幌に移転したことでレースの高速化も予想されるが、「(選考会の)MGCに向け、しっかり速いペースに対応できる準備をした」と気に留めない。服部勇馬(トヨタ自動車)や大迫傑(ナイキ)を突き放したラストスパートの再現を札幌でも狙う。

最終更新:11/12(火) 18:36
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事