ここから本文です

北海道で1時間に約100mmの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報を発表

11/12(火) 1:01配信

ウェザーニュース

 上空に強い寒気を伴った低気圧の影響で、北海道は11日(月)夜から局地的に雨が強まっています。

 苫小牧市平野部付近では、12日(火)0時30分までの1時間に、解析雨量で約100mmの猛烈な雨が降ったと見られ、気象台は記録的短時間大雨情報を発表しました。

北海道は12日(火)昼頃まで強い雨に注意

 北海道の道南や道央で12日(火)早朝まで、道東は12日(火)昼頃まで強い雨の降るおそれがあります。道路冠水や中小河川の急な増水などに注意が必要です。

記録的短時間大雨情報とは

 数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨が観測・解析されたときに、気象庁が発表する情報です。その発表基準は、1時間降水量の歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

 この情報が発表された地域の周辺では、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。

ウェザーニュース

最終更新:11/12(火) 1:01
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事