ここから本文です

アーセナルの新監督候補のアルテタ、シティ側は邪魔をしない意向

11/12(火) 13:13配信

超WORLDサッカー!

マンチェスター・シティは、コーチを務めるミケル・アルテタ氏がクラブを去る邪魔はしないと明かした。イギリス『サン』が伝えている。

アルテタは、2016年にアーセナルで現役を引退。すると、そのままジョゼップ・グアルディオラ監督に誘われ、シティのアシスタントマネージャーに就任した。

ペップの右腕としてプレミアリーグ連覇を果たすなど、評価を上げているアルテタだが、ここに来て古巣の監督候補に浮上していると噂されている。

アーセナルは、ここ数試合の戦いぶりから、ウナイ・エメリ監督への批判が高まっている状況。クラブ幹部はエメリ監督への信頼を強調しているが、ファンからは強烈な拒否反応が起きている状況だ。

そんな中でアルテタ氏の監督就任の噂が囁かれる中、シティの関係者がコメント。オファーによっては、快く送り出すつもりがあるようだ。

「ミケル(・アルテタ)は、シティで働き、世界最高の監督であるペップから多くを学んでいる」

「しかし、いつの日か彼が男になりたいと思っていることも知っている」

「ミケルは、プレーしていたその日から、アーセナルに多くの愛情をまだ持っている」

「彼は、魅力的なオファーがトップクラブから来た場合、シティが彼の野心の邪魔になることは決してないことを知っている」

「どのように働くか、それはペップでもない。彼らは人々に力を与え、成功するのを見たい」

「パトリック・ヴィエラがニューヨーク・シティで監督をしたいと思う前、シティにいた時も同じだった」

クラブ幹部が信頼を置いているだけに、エメリ監督の早期退任は考えにくいが、アルテタ氏を招へいするチャンスはアーセナルにもありそうだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/12(火) 13:13
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事