ここから本文です

ポルトガル代表、主力DF2人の離脱でグラナダのドゥアルテを初招集 ジョアン・マリオも離脱に

11/12(火) 13:45配信

超WORLDサッカー!

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は、DFネウソン・セメドとDFペペ、MFジョアン・マリオの負傷離脱および、DFジョアン・カンセロとDFドミンゴス・ドゥアルテの追加招集を発表した。

ウクライナ代表の突破により、残り一枠とユーロ本選出場権を懸けて14日にリトアニア代表、17日にルクセンブルク代表と対戦するポルトガル代表。7日に運命の2試合に向けた25名のメンバーを発表していたのだが、負傷者が続出してしまっている。

バルセロナ所属のセメドは、9日に行われたラ・リーガ第13節セルタ戦の23分に負傷。左足ヒラメ筋に全治5週間のケガを負った。ポルトのペペは7日のヨーロッパリーグのレンジャーズ戦で左太ももを負傷し、直近の国内リーグ戦も欠場している。

代役としてフェルナンド・サントス監督はマンチェスター・シティのカンセロと、グラナダのドゥアルテを招集。カンセロが2カ月ぶりの招集となった一方、ドゥアルテはこれが初招集に。今夏にスポルティング・リスボンから加入した24歳は192㎝の体格を持つセンターバック。ここまでリーグ戦全13試合に出場し、第8節のレアル・マドリー戦のゴールを含む2得点を記録している。

また、ロコモティフ・モスクワのジョアン・マリオの離脱も発表されている。こちらは代表での練習中に負傷。代わりの選手は呼ばれていないようだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/12(火) 13:56
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事