ここから本文です

チェルシー公式ツイッター、トッテナムの順位をイジってしまう「これが“トップ14”までの順位表です!」

11/12(火) 18:10配信

超WORLDサッカー!

チェルシー公式ツイッターが、同じロンドンのライバルであるトッテナムをイジってしまったようだ。

今シーズンからクラブのレジェンド、フランク・ランパードを指揮官に据えてスタートしたチェルシーは、マンチェスター・ユナイテッドに大敗した序盤戦は心配されたものの、現在はチームを形作る若手らの活躍でリーグ戦6連勝と、開幕前の下馬評を引っくり返し快進撃を続けている。

第12節を終えて、チェルシー公式ツイッターはここで改めて順位表を確認。勝ち点「26」、得失点差「10」で、2位のレスター・シティと同勝ち点で堂々の3位につけているのだが、「見て! 第12節終了時点での“トップ14”までの順位表です!」と、なぜか14位までしか載っていない順位表を投稿している。

そこで14位を見てみると、そこには勝ち点「14」のトッテナム名前が。昨季4位のトッテナムはここまで3勝5分け4敗。直近では5試合勝てておらず、チャンピオンズリーグ・ファイナリストらしからぬパフォーマンスを見せてしまっている。

トッテナムは同じロンドンのライバルクラブということもあり、14位に沈む珍しい光景をチェルシーは「楽しんで」しまったようだとイギリス『メトロ』は語る。

確かに、あまり期待されていなかったチェルシーと、上位で争っているはずのトッテナムとの差がここまで大きければ、いささか調子に乗ってしまう気持ちも理解できなくはない。

クラブ関係者もこの状況は鼻が高いだろうが、いつかブーメランとなって返ってこないことを祈りたい。

そんな彼らの対決は12月22日の第18節。果たしてどのような結末を迎えることになるのだろうか。色々な意味で期待が膨らむ一戦だ。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/12(火) 18:38
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事