ここから本文です

恩師・ヴェンゲルからインスパイア…アルシャビンの息子の名前は?

11/12(火) 23:38配信

超WORLDサッカー!

現役時代ゼニトやアーセナルなどで活躍した元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン氏にとって、恩師である元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲル氏の影響は大きかったようだ。イギリス『スポーツ・バイブル』が伝えている。

ゼニトでプロキャリアをスタートさせたアルシャビン氏は、2006-07シーズンにリーグ最優秀選手賞を受賞。また、ロシア代表として臨んだユーロ2008での活躍を受け、2009年2月に引き抜かれる形でアーセナルに移籍した。

アーセナルでは2009年4月のリバプール戦で1試合4ゴールの圧巻のパフォーマンスを披露しサポーターのハートを一気に掴むなど、公式戦144試合31ゴールを記録。当時、アーセナルを率いていたのがヴェンゲル氏だ。

昨年現役を引退したアルシャビン氏には息子がいるが、その名前は「アーセニー(Arseny)」だという。伝えられるところによると、これはヴェンゲル氏の「アーセン(Arsene)」から取っているそうだ。

ちなみに、アーセニー君は現在モスクワにあるバルセロナのアカデミーに所属しており、父のようなサッカー選手を目指しているとのこと。アルシャビン氏が2009年にアーセナルへ移籍した際には、バルセロナからの関心も報じられていた。

アルシャビン氏はバルセロナでのプレーも望んでいたとされていたが、その夢は叶わず。父の夢を息子が叶えようとしている。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/13(水) 9:28
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事