ここから本文です

名前が同じなのにコンセプトカーの面影ゼロ 実際に販売されたクルマ、大違い 3選

11/12(火) 11:20配信

AUTOCAR JAPAN

コンセプトカーの面影ゼロのクルマ

text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)

開催会場の分断や海外メーカーの参加見合わせが相次ぐなど、開催前はネガティブな情報が先行した東京モーターショー2019。

【写真】製品化が間近? 東京モーターショーで発表された日本車 (134枚)

しかしフタを開けてみれば、「総来場者数130万人」と主催者側は発表した。(無料入場者(高校生以下、障害者他)、無料エリアなどすべて含んだ数字)

そんなモーターショーの目玉と言えばやはり各メーカーが登場させるコンセプトカーだろう。市販化目前と思われるものから、遠い未来のモビリティをイメージした夢のモデルまで、そのキャラクターはさまざまだが、どのモデルもコンセプトながらキッチリ車名が付けられている。

今回のスズキ・ハスラー・コンセプトのように、まもなく登場を思わせるモデルに関しては従来の車名が継続して付けられることもあるが、ほとんどのコンセプトカーがオリジナリティ溢れる名前が付けられていることに気づくだろう。

しかし、常に登場しつづけるコンセプトカーや新型車にオリジナルの名前を与え続けるというのも、なかなか難しい作業となることは想像に難くないだろう。

実際、過去にコンセプトカーで使われた名前が市販車に使われたという例も少なくない。

もちろんコンセプトカー時代のキャラクターをそのまま踏襲したモデルも存在するが、中にはコンセプトカーの面影ゼロとなってしまった車種も存在しているのだ。

日産プリメーラX 1989年東京モーターショー

1990年に登場した日産のセダンであるプリメーラは、当時の欧州車にも引けを取らないハンドリング性能を持ったモデルとしてモータージャーナリストを中心に高い評価を集めた1台だった。

そんなプリメーラが登場する前年の東京モーターショーに登場したプリメーラXは、クーペとステーションワゴンの中間のようなリアセクションを持ったモデルであり、4ドアセダンというボディ形状を除けば市販車のプリメーラとは似ても似つかないデザインだった。

ただし、フロントに横置きで搭載されるとアナウンスされたSR20DE型エンジンや、フロントマルチリンク、リアパラレルリンクのサスペンションなど、メカニズム的にはプリメーラと同等のものが使われていた。

全く別のモデルとも言えない点も持ち合わせていたのだった。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 11:20
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事