ここから本文です

「チームと自分自身のために良い結果を出したい」トロロッソ・ホンダのクビアト、2戦で失ったポイントを取り返せるか

11/12(火) 16:59配信

オートスポーツweb

 トロロッソのピエール・ガスリーとダニール・クビアトはふたりとも、今週末のF1第20戦ブラジルGPうを前に、4.3kmのコースの身体的要求の厳しさについて心構えをしつつ、意気込みを語った。

【写真】2019年F1第19戦アメリカGP:ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

 インテルラゴスの名前でも呼ばれるアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェは、1973年以来ブラジルでF1を36回開催しており、多くの素晴らしい対決や、予想外のシーンを生み出してきた。

 15のコーナーからなるコースは、反時計回りのレイアウトと多くの傾斜が特徴的で、この組み合わせがドライバーに不自然な負担をかけてくるのだとガスリーは説明した。

「コース自体は短いけれど、実際のところとても良いところだよ」

「難易度の高い多くのコーナーがあって、すごくクレイジーな週末になるだろう。これまでも見てきたとおり、天気のせいで展開がまったく予測不可能になることがあるからね」

「そのおかげで特にエキサイティングにもなる。コースは反時計回りだ。最近僕たちはみんな多くのトレーニングをしているけれど、首への負担の面では、一番厳しいコースのひとつだ。なぜならここのストレートは、ひとつとして実際にはストレートではないんだ!」

「レース中は常にGフォースを感じている。特にターン3、4、5のロングコーナーはコーナリングが終わらないから、身体がとてもきつい」

 一方クビアトはブラジルをとても気に入っているが、それだけではなくこの国に特別な思いを持っている。というのもパートナーであるケリー・ピケと生活をともにしているからだ。彼女は、元F1チャンピオンであるネルソン・ピケの娘だ。

 ブラジルGPはクビアトにとってホームレースのひとつとなるが、その一方で彼は負荷の大きいコース特徴についても強調した。

「クールな昔ながらのコースだ。でも十分な幅があるので、オーバーテイクができる」

「バンクのあるターン1のようなすごいコーナーがいくつかあって、ここはテレビで見るよりもずっと急だよ」

「あれだけのトレーニングをすべてやっても、首に横からの力を感じる。コースは反時計回りで、問題というわけではないけれど、チャレンジングだよ」

「天気もまたカギになる要素で、両方の意味で状況を混乱させる。チャンスを作り出すかもしれないし、対応しなければならない余計なリスクが出てくるかもしれない」

「この2戦で僕はトップ10内でフィニッシュしているが、ペナルティのせいでポイントを失った。だから今週末は自分自身とチームのために良い結果を出したいと強く願っている」

「今年はもうあと2戦しかないなんて、信じられないよ。長いシーズンだったけれど、すごく早く過ぎ去ってしまった」

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/12(火) 17:47
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事