ここから本文です

【プレミア12】侍ジャパン稲葉監督「私の責任」 米に痛恨敗戦で今大会初黒星も選手かばう

11/12(火) 22:51配信

Full-Count

浅村が3打点も…打線の繋がり欠き5連勝ならず「選手は全力でやってくれた」

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」スーパーラウンド第2戦(テレビ朝日系列で放送)のアメリカ戦に臨み、3-4で競り負けた。投手陣が小刻みに失点を重ねると、打線もアメリカの投手陣を攻略しきれず。稲葉篤紀監督は試合後に「結果は私の責任」と振り返った。

【動画】とにかく速い! 侍ジャパンの“ジョーカー”周東佑京が米国バッテリーの警戒の中、二盗を決めた実際の映像

 先発の高橋礼は2回、先頭ボームに二塁打を浴びると、内野ゴロの間に先制点を献上。3回にも先頭のチャタムに二塁打を許し、3番ダルベックに適時二塁打を浴びた。打線は4回に鈴木の中越え三塁打、浅村の右前適時打で1点を返しすも、5回に2番手の山岡がボームに適時打を許して2点差に。6回に浅村の2打席連続の適時打で1点差としたが、7回には3番手の大野がアデルにソロ本塁打を浴び、またもリードを広げられた。

 8回に浅村が3打点目となる適時打を放つも、最後まで1点差を追いつくことができず、今大会初黒星。稲葉監督は「負けてはしまいましたが、選手は全力でやってくれたと思います」「打線も粘り強くやってくれたと思います。選手は全力を尽くした結果。結果は私の責任。選手は全力でやってくれた」と話し、投手陣については「もう高橋礼含め、他の投手粘り強く失点はしましたけど、投げてくれたと思います」とねぎらった。

 スーパーラウンド2勝1敗となり、17日に行われる決勝に進むためには、残る13日のメキシコ戦、16日の韓国戦と負けが許されない状況に。「とにかく切り替えて1戦取れるように考えてやっていきます」。前を向き、世界一への険しい道のりを進んでいくしかない。

Full-Count編集部

最終更新:11/13(水) 0:22
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事