ここから本文です

通説覆す新史料解説 県立広島大秋山さん 今治・水軍博物館講演会

11/12(火) 11:06配信

愛媛新聞ONLINE

 毛利元就が村上海賊の援軍を得て陶晴賢を破ったとされる1555年の「厳島合戦」をテーマにした講演会がこのほど、愛媛県今治市宮窪町宮窪の村上水軍博物館であり、県立広島大宮島学センター長の秋山伸隆さんが「毛利方として参戦したのは来島村上氏のみで、能島村上氏は合戦の前後陶方に付いていた」とする最新の研究成果を語った。

愛媛新聞社

最終更新:11/12(火) 11:06
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事