ここから本文です

アップル、次期「iPad Pro」に3Dセンサー搭載へ

11/12(火) 9:18配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米アップルは新3Dセンサーシステムを活用した拡張現実(AR)・仮想現実(VR)デバイスの開発に注力している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

早ければ2020年前半に発売される見込みの新型「iPad Pro(アイパッド・プロ)」に搭載されるモジュールはカメラセンサー2基と、3Dセンサーシステム用の小さな穴を備えており、3Dセンサーは部屋や物体、人の3D再構築などに用いられる。現行モデルのカメラセンサーは1基。

これら関係者が未公表製品の情報であることを理由に匿名で明らかにしたところでは、アップルは20年後半に発売予定の新型ハイエンド「iPhone(アイフォーン)」に5Gネットワーキング機能のほか、3Dセンサーを搭載する計画だ。

アップルはARとVRの複合ヘッドセットの21年ないし22年の発売を目指しており、同ヘッドセットの主な用途はゲームや動画鑑賞、仮想会議となる見込み。事情に詳しい関係者の1人によると、同社は軽量のAR眼鏡を早ければ23年中に発売する考えだ。

同関係者によれば、アップルは当初、19年中にヘッドセットの最初のモデルのための技術の開発を終え、20年に発表する計画だったが、最近、計画の先延ばしを決めたという。ニュースサイト、「ジ・インフォメーション」は先に、アップルがヘッドセットを22年までに、眼鏡を23年中に発売することを目指すと従業員に伝えたと報じていた。

原題:Apple’s AR Push Will Start With IPad and Culminate With Glasses(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Mark Gurman

最終更新:11/12(火) 9:18
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事