ここから本文です

苦戦マンU…かつて所属の26歳FW獲得を検討か

11/12(火) 23:17配信

ゲキサカ

 マンチェスター・ユナイテッドは現在リーグ戦4勝4分4敗で7位。直近の第12節ではブライトンに快勝したものの、不振が続くクラブはクリスタル・パレスからFWウィルフレッド・ザハの復帰を検討している。英『ザ・サン』が伝えている。

 第11節終了時点では10位にまで落ち込んでいたユナイテッド。選手やオーレ・グンナー・スールシャール監督だけではなく、チーム強化よりも利益拡大を優先するエド・ウッドワードCEOやオーナーのグレーザー家へ非難が集中していた。10日の第12節では3-1で快勝したものの、チーム状況はは一変したとはいえない。

 そんな中、ユナイテッドはかつて所属していたザハに白羽の矢を立てる。ザハは2013年にユナイテッドに加入したが、アレックス・ファーガソン元監督のもとでフラストレーションを溜める立場にいた。その後クリスタル・パレスに移籍。26歳となり、主力として活躍を続けている。

 ユナイテッドは現在のザハなら今度こそ活躍できるのではないかと画策。クリスタル・パレスが求める移籍金も払うつもりでいるという。7000万ポンド(約98億1000万円)とオプションを用意つつ、獲得競争の前線に立っている。

 現状のユナイテッドでは前線でのスピードや創造性が足りていないと考えているファンも。8月にザハがトランスファーリクエストを出した際には、再び獲得するべきという声も挙がっていた。

最終更新:11/12(火) 23:17
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事