ここから本文です

実は…米国よりも優勝賞金の“割がイイ”!? 賞金王争いに関するあれこれ【記者の目】

11/13(水) 6:58配信

ゴルフ情報ALBA.Net

シーズンの優勝者らが出場できる最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」まで、残り3試合。同大会では毎年、ある恒例行事が行われている。本戦開幕前に賞金王を競う選手が並んで行われるフォトセッションだ。

祝・賞金王! “美人フィアンセ”菜々恵さんもニッコリ【写真】

そもそもの始まりは2009年。賞金ランキング1位で迎えた石川遼と、2位の池田勇太の賞金王争いを対比する意図で行われたことが始まりらしい。当時は石川の18歳賞金王誕生が注目されたが、以降、最終戦での賞金王対決はおなじみとなっている。

女子ツアーでは最終戦を待たずに賞金女王が決まることも多々あるが、男子の場合はほぼ最終戦までもつれこむ。女子はシーズン39試合、男子は25試合と試合数が少ないことに加えて、「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」から最終戦まで、優勝賞金4000万円の高額大会が続くため、1試合ごとでランキングはめまぐるしく変わるからだ。

さらに、賞金配分の形態に起因する部分も大きい。女子の場合、大会によって異なるケースもあるが、基本は総額の18%が優勝賞金、2位が8.8%、3位が7%、4位が6%、5位が5%……となっている。HEIWA・PGMと同週に行われた「TOTOジャパンクラシック」は米国との共同主管大会のため、ドル建てで米ツアーの分配率で配分。優勝者が15%、2位が9.13%、3位が6.63%、4位が5.13%、5位が4.13%で振り分けられた。

国内男子ツアーはというと、優勝者が20%、2位が10%、3位が6.8%、4位が4.8%、5位が4%と、単独2位に入った場合の分配率が高い。昨年1勝で賞金王に輝いた今平周吾だが、今季もここまで1勝ながらHEIWA・PGMで5度目の単独2位に入り、賞金王への道を順調に歩んでいる。また、他のツアーに比べて優勝賞金の分配率が高いことも国内男子ツアーの特徴。米国男子ツアー優勝者が18%、2位が10.8%、3位以下は日本とほぼ同率となっているため、優勝賞金だけ見れば日本男子ツアーが一番高く、終盤戦での“一発逆転”の可能性は残り4試合で十分にあり得る。

2018年の最終戦は、賞金ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)の優勝以外で今平の逃げ切り賞金王が決定するという一騎打ち。ノリスが15位に終わったため、今平が初の賞金王に輝いた。17年では1位の小平智、2位の宮里優作、3位のチャン・キム(米国)、4位の池田勇太に可能性がある状況で最終戦へ。ファイナルラウンドで「62」をマークした宮里がシーズン4勝目を挙げ、逆転賞金王戴冠で混戦を締めくくった。

HEIWA・PGMを終えて、賞金ランク1位に今平、2位にキム、3位に石川が入っている。最終戦までの残り3試合で、賞金王争いの土俵に上がるのは一体誰か。ここからが大詰めだ。(文・谷口愛純)

【最新賞金ランキング】
1位:今平周吾 126,049,312
2位:チャン・キム 95,729,225
3位:石川遼 87,392,990
4位:ショーン・ノリス 79,970,056
5位:ハン・ジュンゴン 75,235,435
6位:ジャズ・ジェーンワタナノンド 70,635,150
7位:堀川未来夢 66,170,858
8位:チェ・ホソン 64,716,433
9位:パク・サンヒョン 63,212,472
10位:浅地洋佑 63,145,253

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/13(水) 6:58
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事