ここから本文です

トランプ氏、ウクライナ大統領との4月会談内容公表へ 公聴会控え

11/13(水) 0:31配信

ロイター

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領がウクライナに不当な圧力をかけたとされる疑惑を巡る議会公聴会の開始を翌日に控え、トランプ氏は12日、ウクライナのゼンレンスキー大統領との電話会談の記録を新たに公表する意向であることを改めて表明した。

トランプ氏は週末、電話会談の内容を12日に公表する可能性があると明らかにし、記者団に対し「極めて重要」になると述べていた。また11日には、「週内のある時点」に公表するとツイッターに投稿していた。

この日は「週内に」公表すると改めて表明。ただ詳細については明らかにしなかった。

トランプ氏が公表するとしているのはゼレンスキー大統領との4月12日の電話会談の内容。ゼレンスキー氏は大統領に当選していたが、まだ就任していなかった。この会談が行われた際、ホワイトハウスは内容を公表していなかった。

最終更新:11/17(日) 0:41
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事