ここから本文です

【ナイスミドル】33秒KOで49歳T-MAXが王座奪取、娘はスターダム王者で親娘V

11/13(水) 12:44配信

イーファイト

NICE MIDDLE実行委員会
『NICE MIDDLE 46』
2019年11月10日(日)東京・新宿FACE

【フォト】T-MAXの右ストレートがヒット

 2008年に旗揚げし、今回46回目を迎える35歳以上の中高年世代を対象にしたキックボクシングイベント『NICE MIDDLE(ナイスミドル)』令和元年最終興行。
 この日も、建設業、とび職、運転手から海上自衛官、税理士法人など、さまざまな職業と人生を歩む中年ファイター36名が熱い戦いを見せ、ナイスミドル初となるトリプルタイトルマッチが行われた。

▼第16試合 NICE MIDDLE ライトヘビー級タイトルマッチ 2分3R
“戦うサラリーマン”
●¥chan(49=王者/ボディプラント足立塾/税理士法人)
KO 1R 0分33秒
“社長の命を守る黒塗り運転手”
〇T-MAX☆310(49=挑戦者/シーザージム新小岩/運転手)
※T-MAXがライトヘビー級第2代王座に就く。

 普段は大手企業役員の運転手を務める元ナイスミドルウェルター級王者のT-MAX☆310がナイスミドル初の2階級制覇に挑む一戦。チャンピオンの¥chanはこれが初防衛戦。

 1R ゴングと同時に勢いよくコーナーから飛び出してきた両者。互いのローキック交錯のあとT-MAXの右ストレートがヒットし¥chanがダウン。何とか立ち上がる¥chanだが、T-MAXの怒涛のラッシュはとどまることを知らず、左ヒザ蹴り、右フック、左ストレートの連打を浴び¥chanまたもやダウン。

 ここでレフェリーが試合を止める。T-MAXがウェルター級に続き、ナイスミドル初の2階級制覇を達成した。T-MAXの娘は女子プロレス団体「スターダム」で活躍する星輝ありさ。今年5月に「ワンダー・オブ・スターダム王座」を獲得、今月4日には後楽園ホールで行われた防衛戦では挑戦者のジェイミー・ヘイターを下し、7度目の防衛に成功したばかり。ジャンルは違えど親娘チャンピオンが誕生した。

最終更新:11/13(水) 12:46
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事