ここから本文です

ロボット大会世界6位は小学生 沖縄・アミークス小 世界最大級のロボット大会に出場

11/13(水) 7:04配信

琉球新報

 世界最大級の学生対象ロボット競技大会「ワールド・ロボット・オリンピアード(WRO)2019ハンガリー国際大会」が8~10日、現地のオリンピック・スポーツ・パークで開かれ、レギュラーカテゴリの小学生エキスパート競技に日本代表として出場した沖縄アミークス小学校のチーム「AMICUS NKR」が6位に入賞した。6位は日本チームの同カテゴリで最高順位タイ。


 出場したのは6年生の中川仁斗さん(12)と佐和田海斗さん(12)、5年生の山田黎弥さん(11)の3人。8月に行われた国内大会で優勝し、県勢として初めて国際大会への出場権を獲得していた。

 レギュラーカテゴリは自律型ロボットを製作し、設定コースの課題をクリアする部門。小学生エキスパート競技には世界各国の92チームが参加した。

 初日はばらばらになった部品を組み立て、2日目は発表された課題に合わせてロボットやプログラムを組み直し、課題に挑戦した。3日目も三つの課題に挑戦した。課題の内容は事前に知らされておらず、臨機応変にプログラミングする能力が問われた。

 中川さんは「初めての国際大会だったけど、チームワークも良く、緊張せずに挑戦することができた。来年こそはメダルを取りたい」と技術の向上を誓った。佐和田さんは「ベストを尽くして入賞することができた。とてもうれしい」、山田さんは「他の国の選手と話すこともできて楽しかった」とコメントした。

琉球新報社

最終更新:11/13(水) 14:45
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事