ここから本文です

茨城県中学駅伝 男子・大野と女子・中郷が初優勝 全国大会へ

11/13(水) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

全国中学校駅伝大会出場を懸けた男子第55回、女子第33回県中学校駅伝競走大会は12日、那珂市の笠松運動公園陸上競技場を発着点とする周回コース(男子6区間=18・355キロ、女子5区間=12・31キロ)で行われ、男子は大野が58分59秒で、女子は中郷が43分33秒でともに初優勝を飾った。

男子・大野は2区で12位まで落ちたが、その後挽回。5区田川皓基が区間賞の走りで3位に順位を上げ、アンカー浅野結太が前の2人を抜き去った。12秒差の2位は美野里。さらに緑岡、下館南が続いた。

女子・中郷は4区長瀬日向が区間賞の走りで2位に立つと、アンカー鈴木凜皇も区間賞の走りを見せ、2位神栖二を振り切った。3位は下館南、4位は鹿島だった。

男女とも優勝校は全国大会(12月15日・滋賀)、上位4校は関東大会(同1日・神奈川)に出場する。

茨城新聞社

最終更新:11/13(水) 4:04
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事