ここから本文です

「起業したい」「ライターになりたい」が続かない理由……ヨッピー×ハヤカワ五味が語った、自由に働くコツ

11/15(金) 7:00配信

withnews

 ブラック企業で働きたくないけれど、フリーは不安定で心配。そんな極端の2択はおかしくないですか。フリーライターのヨッピーさんと起業家のハヤカワ五味さんが「すり減らない働き方」をテーマに対談しました。心を消耗させない働き方に必要なのは、選択肢を増やすこと。柔軟に働き方を変えてきた二人が語り合いました。

【マンガ】過労自殺「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由 体験漫画に共感

週イチ会社員になったヨッピーさん

 おふたりの対談は10月、朝日地球会議2019のなかで実現しました。

 ヨッピーさんは、商社勤務からフリーライターに転身し大活躍中ですが、なんと最近、再び「会社員」になったそうです。

 ヨッピー 「週1ですけどね。社名は出せないんですが、某企業の週イチ社員です。柔軟な働き方とか、すり減らない働き方で大事なのって、自分がとれる選択肢を増やすことなんですよ。自分が『こう働こう』とか『ああ働こう』とか、働き方の選択肢をもっていることが大事だと思っていて。『これしかない』っていう、自分の選択肢が無い状態が一番危ない。僕はフリーランスだけど、会社員的な働き方に憧れもある。だからフリーランスやりつつ、会社員もやるぜって」

 同時並行で違う働き方をしているんですね。
 なぜもう一度、会社員になりたかったんでしょう。

 ヨッピー 「フリーだとせいぜい僕が関わる企画の予算は数百万円。それでも十分大きいんですけど、数千万円~数億円の仕事は、多くの場合、大企業の会社員にしかできない。そういう仕事をすることが、今後の自分の選択肢を増やすことにつながるんじゃないかなと」

 一方ハヤカワさんは、社長でありながら、インターンを経験したそうですね。
 
 ハヤカワ 「4社のインターンに行きました。自分がバイトしかしたことがない状態で社長になったので、感覚がずれていると思って」

 雇われる立場になって、発見はありましたか?

 ハヤカワ 「私が社員に言ってきたことを、まんまインターンの上司から言われたんです。『なにか起きる前に相談しろ』『わからなかったら言え』とか。雇われる立場だとこう見えるのかと思いました」

 おふたりは、現在進行形で柔軟な働き方を実践されています。
 働くうえで、すり減らないコツってなんでしょう。

 ヨッピー 「さっき言った通り、選択肢をなるべく増やすことでしょうね。友だちはたくさんいたほうがいいし、できる仕事もたくさんあったほうがいいし、選べる会社もたくさんあったほうがいい。毎日会社と家の往復だけだと、選択肢は増えないので」

 ハヤカワ 「意識しないと増えないですよね」

 ヨッピー 「そうなんですよ。僕は、以前と比べると、書く内容をけっこう変えてきたんですよ。記事を読んだ人は『ヨッピーさん、またあのおバカ企画をやってくださいよ』って言ってくれるんですけど、いろんなことができないとダメだなと思って違う分野にチャレンジしています。主体的に幅を増やさないと無理ですね」

 ハヤカワ 「私も『選択肢』を自分の事業のコンセプトにしているので、めっちゃ大事ですね。選択肢をもっていないと、心の余裕ができない。人間って持ってるカードでしか戦えないので」

 おふたりとも、意識して仕事の幅を広げているんですね。

1/4ページ

最終更新:11/15(金) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事