ここから本文です

香港の大学が「戦場」に 台湾人留学生126人が一時帰国へ

11/13(水) 19:20配信

中央社フォーカス台湾

(香港中央社)香港中文大学で警察と学生の衝突が発生したのを受け、台湾で対中政策を所管する大陸委員会が、台湾人留学生の帰国手続きを現地事務所を通じて進めていることが分かった。同大で学ぶ台湾人学生303人のうち、帰国を希望する126人が14日未明に台湾に戻る見通し。

台湾が香港に置く台北経済文化弁事処(同委香港事務所)の高銘村代理処長が同大の台湾学生会の要請に応じて同日午後に同大に出向き、85人の学生をバスで空港まで送り届けた。それ以前に自ら空港に向かった41人と共に、今夜10時すぎ発の中華航空機に搭乗する予定。

大陸委員会の邱垂正報道官によると、他校の台湾学生会とも連絡を取り合い、香港理工大学の学生40人が13日までに自主的に香港を離れたことを把握している。同委は、香港に滞在する台湾人を対象に、24時間体制で支援を提供するとしている。

(繆宗翰/編集:塚越西穂)

最終更新:11/13(水) 19:20
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事