ここから本文です

エタリオウなど、ジャパンC1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

11/13(水) 12:57配信

netkeiba.com

 11月24日のジャパンC(東京芝2400m)に5頭の出走を予定している友道康夫厩舎。今朝13日はそのうちの3頭、エタリオウ、シュヴァルグラン、マカヒキがDPで1週前追い切りを行っている。

 先頭マカヒキには藤岡康太騎手(レースは武豊騎手)、これにC.スミヨン騎手騎乗のシュヴァルグランが続き、最後方から横山典弘騎手が跨ったエタリオウが追いかけるという隊列だった。

 向正面で先頭と一番後ろの差は1秒半ほど。これが少しずつ縮まる形で4コーナーから最後の直線だったが、個人的にはエタリオウの走りっぷりがよく見えた。

 エタリオウはジョッキーがステッキを抜いてしっかり追われていたが、最後が追いついたかどうかという感じ。もともと瞬発力があるタイプではなく、ゴールを過ぎてからもいい脚を使っていたという感じ。3頭で一番遅れたのはシュヴァルグランだったが、これも気にすることはない程度。

 時計はエタリオウで6F77.0~5F63.4~4F49.7~3F36.8~1F11.8秒。今のポリトラック馬場は全体が速くなれば、ラスト1Fで12秒を切るのは難しいが、さすがはGIで好勝負する3頭の併せ馬といった感じ。ちょうどよい負荷がかけられたのではないだろうか。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:11/13(水) 12:57
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事