ここから本文です

メルセデス、2021年以降もF1参戦濃厚。“長期的な”参加を目指す?

11/13(水) 19:24配信

motorsport.com 日本版

 F1は、2021年以降に大幅なレギュレーション改定が行われる予定だ。こうした環境の変化は参戦の節目となるが、メルセデスF1チーム代表のトト・ウルフによると、同チームは2021年以降も参戦継続が濃厚のようだ。

【F1通算1000レース特別企画】ニッポンのファンが選ぶ、思い出のF1レースベスト10

 メルセデスは、F1のオーナーであるリバティ・メディアと、ビジネス上の権利について継続的な話し合いを持ってきた。そして、メルセデスの親会社であるダイムラーが、チームオーナーとして多くの面で参戦継続の検討を行っていると話している。

 近年、自動車産業を取り囲む環境の変化は激しい。従来の内燃機関(エンジン)搭載の車から電気自動車への移行という困難な時代において、意思決定のプロセスは複雑になっているとウルフは言う。

「全てが、我々が(F1に)留まることを示している。だが結論が出ているわけではない」と、2021年にメルセデスがどうなるのかを訊かれたウルフはmotorsport.comの独占インタビューに答えた。

「我々は新たなコンコルド協定について話し合っている最中だ。そしてそれがあろうとなかろうと、我々は自動車開発と、それがこのスポーツに及ぼす影響について話し合っっている」

 F1参戦継続の可否の決定に際し、どのような要素が関係してくるかを訊かれると、ウルフは次のように答えた。

「自動車の世界の開発はどの方向へ進んでいるだろうか? F1はエンターテインメントとして、そして技術的なプラットフォームとして価値があるだろうか? レーシングカーブランドが、長期的に留まりたいと思うプラットフォームだろうか?」

「フェラーリのような所は『我々はずっとF1を続ける。レーシングカーを作り、そしてロードカーを作るんだ』と言うだろうね。他の所は『我々は大成功を挙げた。もう証明することは残っていない。何か他のことをしよう』と言うかもしれない」

「そのどちらも、実に納得の行く戦略だ」

 メルセデスの近年の大成功は、“そこから得るものはもう多くない”と、上層部に考えさせるのではないかと見る向きもあるが、ウルフによるとそれは違うようだ。

「今F1で最も成功しているチームはどこかを調べたなら、多くの人はフェラーリだと言うだろう」

「なぜならフェラーリは50年間に渡って最前線にいるからだ。単純なことだよ」

「私はいろいろなことが短期的すぎると思う。参戦したり、取りやめたりをするよりも長く留まった方が信用できる。(長くやっていれば)時には3番手になることもあるだろうけどね」

「もちろん、我々は成功しているブランドとだが、現実的な期待を保って、毎年は勝てないということにも耐えなければならない」

 現在メルセデスは2021年以降に、マクラーレン、レーシングポイント、ウイリアムズにパワーユニットを供給する予定となっている。ただ、ウルフは、“仮にワークスチーム撤退が現実となった場合”はPU供給を取りやめるだろうと話した。

「我々は自分たちワークスチームを入れて、4チームにPUを供給している」

「“カスタマー”は抱えるか、抱えないかのどちらかで、その中間であることはできない。つまり我々としても、このプラットフォームに参加するか、しないかのどちらかしか無いんだ」

「私は誰かがF1を離れることを決定するとは思っていない。しかしそれが起こった場合、そういった結果(PU供給取りやめ)になるだろう」

Jonathan Noble

最終更新:11/13(水) 19:24
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事