ここから本文です

桂文枝 三金さん告別式で号泣「師匠に選んでくれてありがとう」

11/13(水) 15:17配信

東スポWeb

 9日に脳幹出血のため急死した落語家・桂三金さん(本名・奥野武志=享年48)の告別式が13日、大阪市の大阪北玉泉院で営まれ、師匠の桂文枝(76)ら約300人が参列した。

 式では文枝と同期を代表して林家菊丸(45)が弔辞を読んだ。文枝は「生きてくれてたらすごい落語家やったのに。なんでや。何でお前がいかなあかん。三金帰ってきてくれ。お前がおらんと寂しいねん。ひどいやないか」と突然旅立った弟子をしかって号泣。「僕を師匠に選んでくれてありがとう。25年間めっちゃ楽しかった。向こうにいって寂しいからって誰も呼ぶなよ。最後に一つだけ言わせてくれ。三金のアホ…」と別れの言葉を送り、参列者の涙を誘った。

 1994年に上方落語の世界に飛び込んだ“平成6年組”の中でも、同期のまとめ役として信頼が厚く、亡くなる前日の8日に出演していた「落語家25周年ウィーク」を企画、主導したのも三金さんだった。

 歯に衣着せぬ発言が人気の桂春蝶(44)も同期組の一人。「僕らの同期って自分ファーストの人が多いんですけど、人のためにやってあげる人だった。これからはまとめてくれる人がいなくて、僕自身は失った感がすごい。あなたがいてくれたから、自分自身もここまで頑張ってこれた。クシの歯が欠けたって表現しますけど、こういうことなんだな。それがこんなに早いとは想像しなかったんで、あまりにも寂しい」と唇をかんだ。

 それでも、三金さんとの思い出を聞かれると「食べてることしか思いつかないなぁ」と体重120キロを超える体について触れ、「無理して食べているところはあったかもしれないし、みんなが心配をしていた。でも、今日も出棺のときに『体が大きすぎて2階から出棺できない』って言われて、館内で爆笑が起きたんですよ。来てる人はみんな悲しいんですけど、太っているというネタが確立してたということ。一つのキャラをここまで植え付けてるのは嫉妬しますね」と語った。

 同じく同期の桂吉弥(48)も「アイデアマンでみんなのためにやってくれる。あいつがおらんとまとまれへんし、あの体の通りクッション役になってくれた。自分がウケたいとか儲けたいとか芸人には珍しい欲のないやつで、僕がテレビに出てたりしてても、ちゃんと見てくれてダメ出ししてくれる。先輩も同期も後輩も悪いこと言う人見たことない。ホンマあっちゅう間にいっちゃって、弟子の笑金君を残していくのは心残りやと思います」と早すぎる死を悼んだ。

 多くの人に愛された巨漢の落語家の噺を聴くことはもうできない。

最終更新:11/13(水) 15:19
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事