ここから本文です

巨人、千賀の悪夢払しょくだ 100キロ遅球撃ちからの160キロマシン撃ち

11/13(水) 7:30配信

デイリースポーツ

 「巨人秋季キャンプ」(12日、宮崎)

 巨人は12日、宮崎での秋季キャンプで体感球速160キロと100キロのマシン打撃で緩急対策を行った。

 日本シリーズではソフトバンク・千賀の快速球にねじ伏せられた巨人打線。速球派対策として、今キャンプで新マシンを導入した。ところが岡本、石川、重信らミートに定評がある打者がなかなか前に飛ばせない。100キロを打ち込んだ後の160キロは余計に速く感じた。

 狙いについて、元木ヘッドコーチは「150キロ以上の投手はいっぱいいる。そういう投手をポンポン打ち返せるようにしていきたい。緩急をつけられても打ち返せるようにならないとダメ」と説明。今後も快速球マシンで鍛え、来季は速球派を攻略する。

最終更新:11/13(水) 8:16
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事