ここから本文です

「スローエイジング・ドライビング」松田秀士さんがインストラクター 12月1日

11/13(水) 17:49配信

レスポンス

還暦を超えた現役レーシングドライバーの松田秀士氏がとっておきのメソッドを伝授する「SUBARU スローエイジング・ドライビングレッスン」が、12月1日に東京の三鷹市で開催される。

[関連写真]

インストラクターを務める松田秀士氏(64歳)は、かつて全日本F3000選手権(現スーパーフォーミュラ)や全日本GT選手権~SUPER GT等に参戦し、インディ500で8位(1996年)に入ったこともあるレーシングドライバー。自動車評論やインディカー・シリーズの解説でも活躍中だが、64歳の今も(トップカテゴリーから退いたが)現役レーシングドライバーである。

『アンチエイジングではなく、スローエイジング。加齢は止めることはできないが、遅らせることができる』。このスローガンに沿って、松田氏が身をもって体験し、実践してきたスローエイジング・メソッドを、参加者とともに楽しく体を動かしながら伝授するのが「SUBARU スローエイジング・ドライビングレッスン」だ。

対象は50歳以上のプレ高齢ドライバー~高齢ドライバーとその家族20組(応募多数の場合は抽選。ひとりでの参加も歓迎)。交通安全キッズプログラム等も併催される。会場は東京スバル三鷹店2F・SUBARU東京事業所駐車場で、参加費は無料。また、なるべく普段運転しているクルマで来場していただきたい、とのことだ。

応募締め切りは11月18日、公式サイト https://cinq-5.co.jp/SADL/ の応募フォームから。

ゲストドライバーとしてトップラリーストの新井敏弘、鎌田卓麻の両選手も来場予定となっている。

《レスポンス 遠藤俊幸》

最終更新:11/13(水) 20:54
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事