ここから本文です

2020年度RJCカーオブザイヤー…日産 デイズ/三菱 eKワゴン に決定、輸入車部門 BMW 3シリーズ

11/13(水) 18:15配信

レスポンス

日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)は11月12日、ツインリンクもてぎにて「2020年度RJCカーオブザイヤー」の最終試乗と公開投開票を実施。RJCカーオブザイヤー(国産車)に日産『デイズ』/三菱『eKワゴン』を選出した。

[BMW 3シリーズ]

デイズ/eKワゴンは、新開発のプラットフォーム、パワートレインの採用により、優れた居住性、積載性を実現するとともに、走行性能、環境性能も向上。また、軽自動車では初めて先進運転支援システム「プロパイロット」(三菱名「マイパイロット」)を搭載することでドライバーの負担を軽減し、軽自動車の活用領域を大きく広げた点などが評価された。

また、RJCカーオブザイヤー・インポート(輸入車)には、BMW『3シリーズ』を選出。ミドルクラスのスポーティセダンとして、高い走行性能を実現するとともに、先進安全装備も充実。特に日本で初認可されたハンズオフシステムやリバースアシスト、AIを活用したインテリジェントパーソナルアシスト等の採用により、日常域での使い勝手や安全性も高めた点が評価を集めた。

RJCテクノロジーオブザイヤー(技術)は日産「プロパイロット2.0」が受賞。カメラ、レーダー、ソナーに加え、GPS、3D高精度マップのデータも活用することで、高速道路上の同一車線内でのハンズオフを可能にするとともに、追い越しを含めた車線変更、分岐などの走行も支援。また道路状況をカーブの先まで高精度に把握、安定してスムーズな走行を可能にしてドライバーの負担を大きく軽減させた。

また今年度はRJC特別賞として、急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」を選出。優れた規格内容によりCHAdeMO充電器を着実に世界に広めている点や、急速充電の大出力化に取り組むなど進化を続けており、世界的な電気自動車の普及に大きな役割を果たしている点等が評価された。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:11/13(水) 18:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事