ここから本文です

シトロエン初のPHV、C5 エアクロス SUV に設定…2020年欧州発売へ

11/13(水) 18:30配信

レスポンス

シトロエンは、ブランド初の市販PHV、『C5エアクロスSUVハイブリッド』(Citroen C5 Aircross SUV Hybrid)を2020年前半、欧州市場で発売すると発表した。

画像:シトロエン C5 エアクロス SUV ハイブリッド

同車は、シトロエンの新たなフラッグシップモデルの『C5エアクロスSUV』をベースに、プラグインハイブリッド(PHV)パワートレインを搭載したモデルだ。C5エアクロスSUVは 2019年5月、日本市場にも導入されている。

◆EVモード50kmで燃費は58.8km/リットル

PHVパワートレインは、エンジンが直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力180hpを発生する。エンジンと8速ATの間にレイアウトされるモーターは、最大出力109hp、最大トルク32.6kgmを引き出し、システム全体で225hpのパワーを獲得する。駆動方式は4WDだ。

バッテリーは蓄電容量13.2kWhのリチウムイオンで、後席の床下に搭載される。EVモードでは、最大50kmをゼロエミッション走行できる。この効果もあって、欧州での燃費は58.8km/リットル、CO2排出量39g/km(いずれもWLTP計測)の高い環境性能を実現している。EVモードの最高速は135km/hとした。

EVモードで走行している時には、ルームミラーの下の青いランプが点灯する。この青いランプは外部から見えるので、EVモードで走行している車両と識別できる。 この機能により、ドライバーは欧州の都市部で導入されている交通規制区域(ローエミッションゾーン)に簡単にアクセスできる。EVモードで走行中には、30km/h以下でサウンド発生装置が作動し、歩行者や自転車に車両の接近を知らせる。

バッテリーの充電は、家庭用のコンセントでおよそ7時間だ。出力7.4 kWのチャージャーを利用すれば、およそ2時間で充電できる。

◆「魔法の絨毯」のような乗り心地のサスペンション

油圧式のハイドロサスペンションで知られるシトロエン。C5エアクロスSUVハイブリッドには、「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」を採用した。開発にあたっては、20件の特許が出願された。シトロエンによると、滑らかかつ快適な「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求しているという。

プログレッシブ・ハイドローリック・クッションは、通常のダンパーにセカンダリーダンパーが追加された構造の純メカニカルなシステムだ。ダンパーシリンダー内に第2のダンパーシリンダーが配されており、サイドには複数のポートが開けられている。セカンダリーシリンダーには、その内径にあったセカンダリーピストンが存在し、ストロークが進むとセカンダリーピストンがシリンダーに入り込み、ハイドロリックストップとして作用するポジション・センシティブダンパーだ。

これにより、サスペンションが小さく細かく動く状況や、サスペンションのストロークスピードが低い状況では、減衰力が小さくソフトな乗り心地を可能にする。サスペンションが大きく動く状況では、セカンダリーピストンとシリンダーが生み出す減衰力で、衝撃を吸収する。

◆フルデジタルコクピット

12.3インチデジタルインストルメントパネルのフルデジタルメーターと、ダッシュボード中央には8インチタッチスクリーンが配置される。PHV専用のディスプレイを選択でき、バッテリー残量やモーター出力、ガソリン残量、EVモード、エネルギーフローなどの情報を表示する。車両が充電されている時には、バッテリーの充電レベルや充電時間に関する情報が表示される。

「シトロエンコネクトナビゲーションシステム」は、バッテリーの充電レベルに応じて、EVモードで走行できる距離をドライバーに案内する。「MyCitroen」アプリは、最新のコネクティビティのひとつ。バッテリーの充電をアプリ経由で行えるほか、車両の空調を遠隔操作できる。

また、自動運転を見据えた最新の先進運転支援システムを20種類用意する。道路標識認識、アクティブセーフティブレーキ、ストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロールなどが採用された。ストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロールは、先行車を検出し、車両が停止するまで自動的に安全な車間距離を維持する。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:11/13(水) 18:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事