ここから本文です

西岡剛が合同トライアウト2度目の挑戦 現役続行宣言

11/13(水) 16:40配信

東スポWeb

 輝きは取り戻せるのか――。昨季で阪神を退団し、今季は独立リーグ、BCリーグ栃木でプレーした西岡剛内野手(35)が12日、12球団合同トライアウトに臨んだ。シート打撃形式で4打席に立ち、結果は4打数無安打2三振。今年から受験可能回数が2回に変更されたため、昨年も挑戦した西岡にとっては今回がラストチャンスだった。

「結果が出なかったことはすごく悔しいですが、戦力外になってからも戦い続けている姿を見せたかった。自分の中ではやり切ったので、振り返ってどうこうということはありません。常にチャレンジし続ける。生まれてから、ずっとそういう生き方をしてきた」。トライアウトの受験資格は失ったが、今後もNPB復帰を見据えて現役を続行するという。

 参加した43選手では最年長。日米通算1241安打を誇るヒットメーカーには、舞台となった大阪シティ信金スタジアムに集まった3150人の観客から惜しみない拍手と声援が送られた。

 2年連続となるトライアウトの舞台で満足のいく結果を残すことはできなかったが、その存在感は健在だ。西岡が打席に立つとスタンドからは温かい声援と大きな拍手が送られた。「もしNPBが無理でも、また応援していただけるように挑戦し続けるつもりでやっていきます」。スピードスターの挑戦はまだまだ続く。

最終更新:11/13(水) 16:44
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事