ここから本文です

嵐・二宮の結婚なぜ今? 活動休止前での発表に「ファン無視」の声絶えず

11/13(水) 17:10配信

東スポWeb

 ジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」の二宮和也(36)が本紙既報通り、かねて交際していた元フリーアナウンサーのAさん(38)と結婚したことを12日、発表した。この日、都内の区役所に婚姻届を提出した。2016年に女性誌に報じられて交際が発覚した2人。結婚は秒読みと言われていたが、「なぜこの時期なのか?」と疑問の声も。嵐は2020年いっぱいで活動休止するだけに、それを前にしての結婚発表は“ファンを置き去りにした”との声もある。

 ジャニーズ事務所からマスコミ各社に送られた書面で二宮は「この度、私二宮和也は、かねてよりお付き合いをさせていただいている方と結婚することになりましたのでご報告をさせていただきます」とコメントした。

 2人は、2012年にAさんがキャスターを担当していた日本テレビ「news every.」で初共演。交際をスタートしたのは15年ごろだったという。

「二宮が積極的にアプローチしたと言われています。当時のAさんは『どうしようか悩んでいる』と周囲にこぼしていた」とはあるテレビ局関係者。

 この熱愛はジャニーズ内でも物議を醸したという。芸能関係者によると「人気絶頂の嵐だけに『二宮の相手としてどうなのか』というのを事務所は心配していたと言われています。残念ながらAさんはあまり快く思われてなかった」。

 それでも2人にとっては周囲がどう考えようが関係なかったようで、「Aさんは昨年、所属事務所を辞めてますが、これで結婚は確実になった。現在は、一部で報じられましたように、都内に3億円ものマンションを購入して一緒に住んでいます」(出版関係者)

 嵐は今年1月27日に、来年いっぱいでグループとしての活動を休止すると発表し、記者会見を行った。翌28日発行の1面で本紙は「嵐結婚ドミノ」という見出しとともに「二宮を筆頭に、メンバーの結婚が確実視されている」と報じた。ただ、このタイミングでの入籍発表に「あまりにもファンの思いを無視している」という声が絶えない。

「今月は3日から“嵐フィーバー”だったんです。SNSや楽曲のデジタル配信が始まったりとネット界では大騒ぎになった。ファンも大喜びでSNSをフォローしたり、楽曲をダウンロードしたりした。その上9日には天皇陛下の前で奉祝曲を歌唱。その熱気が冷めやらぬ中10、11日の2日間でインドネシア・ジャカルタ、シンガポール、タイ・バンコク、台湾・台北の4都市を巡るアジア圏プロモーション。ようやく一息ついたかなと思った最後の締めが『二宮結婚』ですからね。このオチにファンはドン引きですよ。とても祝福ムードにはなれないですね」(業界関係者)

 2人が結婚秒読みだったのはファンも十分認識しているのだが、「“活動休止してから入籍”という流れであれば、ファンもある程度は納得しただろうし、ジャニーズも問題なく認めるとみられていた。何かこのタイミングにせざるを得ない理由があったのかもしれません。ジャニーズ事務所は否定していますが、Aさんが妊娠しているとかね」と同関係者。

 それほど二宮の今回の行動はファンにはなかなか受け入れてもらえるものではないという。長年にわたる二宮ファンという30代の女性は「デビュー20周年で、ファンもおめでたい気分になっている時なのに、一気にどん底です」と心境を語った。

 これに対し、ある芸能プロ幹部は「2人は『それでもいい』と踏んでいるのでしょう。もともと嵐が活動休止後、二宮は俳優業に専念するとみられ、嵐ファンだけを相手にするわけではないから」と指摘する。

 ただ女性ファンを多く抱えるジャニーズにとって、今回はダメージも小さくなさそうだ。

最終更新:11/14(木) 16:18
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい