ここから本文です

米電子たばこのジュール、10億ドルのコスト削減へ

11/13(水) 9:52配信

ロイター

[12日 ロイター] - 米電子たばこ大手ジュール・ラブズの幹部は12日、来年に経費を10億ドル近く削減する方針を明らかにした。電子たばこへの規制当局の圧力が高まる中、K・C・クロスウェート最高経営責任者(CEO)は同社の立て直しを図る。

クロスウェート氏はジュール株35%を保有する主要株主、米たばこ大手アルトリア<MO.N>の元役員。ジュールの傷付いた企業イメージと低下した企業価値を回復する任務を負う。

この幹部はまた、同日から約4051人の従業員の16%に相当する約650人を削減すると述べた。同社は以前、従業員の10─15%を年末までに削減するとしていた。

クロスウェート氏はロイター宛の電子メールで「電子たばこ分野が再出発を必要とするのに伴い、今回の事業再編はジュール・ラブズが未成年者の使用の削減や、科学的研究への投資、新たなテクノロジー創出に注力するのを後押しする」と説明した。

アルトリアは10月、ジュールへの投資にからみ45億ドルの損失を計上し、ジュールの評価額を3分の1引き下げて約240億ドルとした。

最終更新:11/17(日) 0:39
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事