ここから本文です

【プレミア12】稲葉監督 スタメンの意図は「今日のピッチャーをどう攻略するか」

11/13(水) 19:15配信

東スポWeb

 野球の日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームで「プレミア12」スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦に臨んだが、気になるスタメンは…。

 前日(12日)の米国戦での敗戦後「打線の組み方をもう少し考えていく必要がある。今いるメンバーでどう流れを持ってこれるか」と語っていた稲葉監督が出した答えは、不動の4番・鈴木(広島)以外を総入れ替え。前日、浅村(楽天)の3打席連続タイムリー直後、3度の得点機で凡退を繰り返し4打数無安打(3三振)だった坂本(巨人)は7番から2番へ昇格。信頼は揺るがず、強い覚悟が打順に込められているようだった。

 指揮官は「今日のピッチャーをどう攻略するかで打順は考えた。まずはその左をどう打ち崩すか」とこの日の打線の意図を語った。

 中軸には浅村を3番に、5番には外崎(西武)を入れて、首のむち打ち症状で大事を取った菊池(広島)に代わる二塁を任せた。先発オーダーは以下の通り

1番・一塁=山田哲人(ヤクルト)
2番・遊撃=坂本勇人(巨人)
3番・指名打者=浅村栄斗(楽天)
4番・右翼=鈴木誠也(広島)
5番・二塁=外崎修汰(西武)
6番・左翼=近藤健介(日本ハム)
7番・三塁=松田宣浩(ソフトバンク)
8番・捕手=会沢翼(広島)
9番・中堅=丸佳浩(巨人)
投手=今永昇太(DeNA)

最終更新:11/14(木) 23:50
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事