ここから本文です

中井貴一 出世を感じた瞬間「吉野家でフルコース、だいぶやったなと」

11/13(水) 13:20配信

デイリースポーツ

 俳優の中井貴一(58)、堤真一(55)、安田顕(45)らが13日、都内で行われたゲームソフト「龍が如く7 光と闇の行方」の完成披露会に出席した。

 3人はRPGゲームの物語にそっくりなキャラクターが主要人物として登場している。

 物語のテーマである「成り上がり」について聞かれると、中井は「僕らの仕事は、いつまでもセリフを覚える宿題があり、できるまでやらされる。いつまで俺、怒られる人生を送るんだろうと思いますし、上がるところはないですね」と語った。

 ただ、かつて俳優の仕事が軌道に乗った時期に「吉野家で牛丼、みそ汁、おしんこ、卵とかフルセットを並べたら、周りから羨望のまなざしで見られてるような気がして。だいぶ、やったなという気になれましたね」と告白して笑わせた。

 堤は「昔は焼肉といえば、かみきれないホルモンだと思っていましたが、東京に出てきて連れて行ってもらった焼肉屋で、めちゃくちゃうまかった」と回顧。「おふくろが東京出てきたときに、これが本物の焼肉だって連れて行ったときですかね」と振り返っていた。

 中井も堤もゲームには詳しくないといい、ゲームの登場キャラを演じる依頼を受けた際を、堤は「何の話?って思いましたが、貴一さんもやると聞いたので、やりました。気長に見てくださいとお願いして録音しました」と明かしていた。

最終更新:11/13(水) 13:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事