ここから本文です

八代弁護士、池袋暴走事故で書類送検になった飯塚元院長に「一般だったら問答無用で逮捕。なんでこの人物だけ特別な対応が取られてきたのか」

11/13(水) 11:12配信

スポーツ報知

 13日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、今年4月、東京・池袋で車を暴走させ、11人を死傷させた旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が過失運転致死傷の疑いで書類送検されたことを報じた。

【写真】テレビ朝日・玉川徹氏「極めて不適切でした」と謝罪

 コメンテーターの八代英輝弁護士は「これだけの悪質なことをやっていて事故の原因を否認していた。これだけの悪質なことをやっていて、当初はブレーキがきかなかったといわゆる事故の原因を否認している事件なんです。なのにも関わらず警察が現行犯逮捕しなかった。それはもしかしたら事故でケガをしているから、ケガの治療を終えてから身柄拘束するんじゃないかなと私は予測していたんですがそれ以降もなく。身柄拘束しない理由が証拠隠滅の恐れがないだろうと。証拠隠滅の恐れがないって実際に否認もしていて供述も変遷しているんです。こういう人物に対して身柄拘束もしないで一般だったらこれだけ被害者も多くその上、否認しているような事件の加害者は、問答無用で逮捕していると思う。なんでこの人物だけこういった特別な対応が取られてきたのか」と疑問を呈した。

 さらに報道についても「普通は容疑者と書くのをなぜか分からず何十年も前の肩書である元院長と呼び続ける。なにかこの事件に対して普通ではない特別な意向が作用しているんじゃないか不公平感が多くの人にもあると思う」と指摘した。その上で「交通事故の処理は不公平であってはいけないのが大前提だと感じます」とコメントしていた。

最終更新:11/13(水) 11:34
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事