ここから本文です

【マイルCS スミヨン騎手に聞く】ダイアトニックで2週連続G1制覇へ「今週も最善を尽くします」

11/14(木) 7:03配信

スポーツ報知

◆マイルCS追い切り(13日・栗東トレセン)

 スワンSの覇者、ダイアトニックは栗東・坂路を単走で54秒5―12秒3。前走に続いてコンビを組むクリストフ・スミヨン騎手(38)には、エリザベス女王杯(ラッキーライラック)に続くG1連勝がかかる。

 ―最終追い切りには乗らなかった。

 「陣営から順調と聞いています」

 ―前走を振り返ってください。

 「枠順が(17番枠と)悪く、非常に難しい競馬になると思っていたので、作戦もスタートしてから決めようと思っていました。(中団から進めて)直線ではいい脚を使ってくれましたね」

 ―今回の舞台、京都外回りのマイルの印象は?

 「3角の下りもそうですが、後方から差すのは難しい印象。能力のある馬が必ず勝つ舞台ではないし、枠順がポイントになります」

 ―具体的には?

 「内から8番ぐらいまでの枠がほしいですね」

 ―勝算は?

 「強い馬がいて、簡単にはいかないと思います。天皇賞・秋のサートゥルナーリアも自信があっただけに、何が起こるか分からない。エリザベス女王杯を勝たせてもらって、僕のコンディションがいいので、今週も最善を尽くします」

最終更新:11/15(金) 7:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事