ここから本文です

“怪演女優”松本まりか、「声」を武器に35歳で本格ブレイクへ

11/13(水) 8:10配信

オリコン

 今年、大きなブレイクポイントを迎えている女優・松本まりか。昨年1月期のテレビ朝日系『ホリデイラブ』でのあざと可愛い主婦役で注目されて以降、クセ者の役が続き、今クールも第1話にゲスト出演したフジテレビ系『シャーロック』での鬼気迫る演技や、テレビ東京系『死役所』での美人だが口が悪いクールな役どころで話題を呼んでいる。その熱演ぶりから“怪演女優”という枕詞も浸透しつつあるが、彼女の最大の武器は「声」にある。ドラマ解説者の木村隆志氏に、35歳を迎えた今、彼女が存在感を高める理由について解説してもらった。

【写真】小悪魔な松本まりか、即興劇で山本耕史を“大胆ハグ”

◆顔より“声”が求められる現代、培ってきた演技スキルで「甘い声」が武器に

 松本が世間から注目を浴びるようになったのはここ1~2年のことだが、女優デビューは15歳。学園ミステリー『六番目の小夜子』(2000年4月期)への出演にさかのぼる。本作はNHK教育(現Eテレ)の作品ながら高い人気を誇り、鈴木杏や栗山千明、山田孝之といった出演者たちは、その後、飛躍の一途をたどった。松本もその後、NHK連続テレビ小説『純情きらり』や『ゲゲゲの女房』、日本テレビ系『ホタルノヒカリ』など、次々と人気作に出演するが、なかなか大輪の花を咲かすことができなかった。

 長い下積み時代が続いていったが、松本は腐ることなく、劇団☆新感線やナイロン100℃などの人気劇団の舞台に挑戦し演技を磨いたり、持ち前の「甘い声」を活かして声優として活躍したり。あまり知られていないが、人気ゲーム『ファイナルファンタジーX』のリュック役や、シリーズ化され劇場版も公開された人気アニメ『蒼穹のファフナー』の遠見真矢役など、松本が声優として参加する作品は意外と多く存在する。

 そんな松本が、30代半ばで“ハマった”のが、クセが強い登場キャラクターの役だった。その理由について、木村隆志氏はこう分析する。

「松本さんの魅力の1つは声。甘い感じの声ではありますが、童顔で可愛らしい松本さんの顔にとても合っています。クセの強い役と相まって、もしかすると最初は少々鼻につくと感じる人もいるかもしれませんが、演技がしっかりしているので声を武器に演技でさらに存在感を示すことができているのではないでしょうか。もう1つの魅力は、瞬発力。さまざまなタイプの作品に出演しキャリアを積んできていらっしゃるので、(クセ者の役などで)喜怒哀楽の感情をパッと出すことができるのでしょう」(木村氏)

1/3ページ

最終更新:11/16(土) 14:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ