ここから本文です

憧れのGT-Rが目の前に! 50周年記念モデルや「GT-R NISMO」を総ざらい【東京モーターショー2019】

11/13(水) 11:33配信

MOTA

日産 GT-Rの魅力を探る

前回を上回る来場者を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた第46回東京モーターショー2019。
西展示場にブースを構えた日産は、新型スカイラインの「プロパイロット 2.0」が話題を集めたが、GT-Rもさすがの存在感を見せつけた。今回は深化を続ける日産 GT-Rの魅力を追った。

■走る芸術品! 日産 GT-Rの内外装を画像で見る(23枚)

GT-Rの展示にたくさんの人だかり

東京モーターショー2019で大勢の注目を集めていた日産ブース。GT-Rの前には1000万円オーバーのスポーツカーを一目見ようと童心に帰った大人たちが数多く集まった。

■往年のニッサンワークスカラーをイメージしたGT-R 50th Anniversary
T-Rの50周年を記念するモデルは、日産のレースファンには懐かしいブルーにホワイトが印象的なツートンカラーのボディが輝く。
またエクステリアとインテリアには専用アイテムを配置しており、プレミア感に溢れた限定モデルとなっている。

■レースで培った技術を存分に活かしたGT-R NISMO
2020モデルのGT-R NISMOは2018年のGT3カーから使用されている新型のターボチャージャーを採用し、アクセルを踏み込んだ際の加速レスポンスを向上させている。
また超高性能カーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能、サーキットにおける高Gでの効きの良さと一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現している。外装部品にはルーフなどにカーボン素材を採用し約30kgの軽量化を実現している。
フルモデルチェンジの時期に関心が集まるGT-Rだが、現行型でもライバル車に充分なアドバンテージをもたらす性能と外観を誇っている。
日本が誇る世界のスポーツカーとしてGT-Rは輝きを増し続けている。

MOTA編集部

最終更新:11/13(水) 11:33
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事