ここから本文です

【映像】中国人民武装警察の戦闘訓練 標高4000メートルの高地で

11/13(水) 14:09配信

アフロ

 中国人民武装警察は、先ごろ同国南西部チベット自治区の標高4000メートルの高地で総合的戦闘能力の向上を目指した戦闘訓練を実施し、その映像を公開した。
 狙撃訓練では、200メートル離れた場所に設置された的に全弾命中させることが隊員に求められる。隊員は、与えられた8分以内に、無作為に設置された7つの的に、それぞれ2発ずつ正確に銃弾を命中させる。
 逃走中の“テロリスト“を追跡して無力化する訓練では、12人編成の戦闘班が、設定された時間内に3人のテロリストを村に追い詰めて、全員拘束する。
 まず、班長が閃光手投げ弾で1人を負傷させて確保した。次に戦闘班は、2人が逃げ込んだ村を偵察。2人の居場所を突き止めると、閃光手投げ弾でドアを破って部屋に突入して、設定時間内に2人のテロリストを拘束して訓練は終了した。

(中国、チベット自治区、11月13日、映像:CCTV/アフロ)

最終更新:11/13(水) 14:09
アフロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事