ここから本文です

国境警備中のトルコ軍、シリアの抗議デモ参加者に発砲

11/13(水) 9:14配信

ロイター

トルコ軍がシリア国境地帯でロシア軍と共同パトロール中、抗議デモの参加者に発砲した。英国に拠点を置く民間のシリア人権監視団によると、市民2人が死亡したという。

トルコ軍がシリア国境地帯で、シリアのデモ隊に発砲した可能性。
トルコ軍はロシア軍と共同パトロール中だった。
デモ参加者の一部が死亡した恐れがある。

ロイターが入手したビデオでは、抗議者らが軍の車両に投石している。
英国に拠点を置く民間のシリア人権監視団は、トルコ軍が発砲した際に抗議者2人が死亡、7人が負傷したと述べた。第三者による確認はできていない。

目撃者がロイターに話したところでは、現場で負傷したのは3人だけで、死者は出ていない。
兵士らはデモ隊を退去させるため、空に向けて威嚇発砲。催涙ガスも使われたという。

トルコとロシアの国防当局は死傷者を確認していない。
トルコ政府は、軍と民間人のパトロールは「テロリストの挑発にもかかわらず」、安全に行われたと主張した。

最終更新:11/13(水) 10:11
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事