ここから本文です

ケンタッキーの食べ放題店舗オープン、約50種類の料理をブッフェ形式で提供/KFC Restaurant 南町田グランベリーパーク店

11/13(水) 14:20配信

食品産業新聞社ニュースWEB

〈日本KFC初の“体験型店舗”〉

日本ケンタッキー・フライド・チキンは11月13日、日本初の体験型ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)店舗、「KFC Restaurant 南町田グランベリーパーク店」(東京都町田市)をオープンする。

「KFC Restaurant 南町田グランベリーパーク店」は、KFCの「商品」、「おもてなし」、「ブランド」に触れることができる、体験型店舗。ブッフェ形式のレストランスタイルで、定番の「オリジナルチキン」のほか、「KFC Restaurant」限定メニューなど、約50種類の料理とデザートをゆっくりと楽しめる。

店舗で味わえるメニューには、「オリジナルチキンのための特製スープカリー」、「ポテトの蒸し焼き」、「ロティサリーチキン」などがある。

「オリジナルチキンのための特製スープカリー」は、オリジナルチキンとの相性にこだわり、独自にスパイスを配合したスパイシーなスープカリー。オリジナルチキンをほぐし、スープカリーに混ぜて食べると、スパイス感やコクが増して、さらにおいしく食べられるという。日本KFCは、「チキンをスープカリーに少し浸して、チキンにかぶりつく食べ方もおすすめ」としている。

「ポテトの蒸し焼き」は、アメリカ南部の家庭料理を、“カーネル手記”に書かれたオリジナルレシピで再現したもの。北海道産のじゃがいもを使用し、ポテトのほくほく感とソーセージの風味が楽しめる。

ディナー限定の「ロティサリーチキン」は、鶏まるごと1羽のままスパイスを擦り込み、オーブンで約50分、じっくり焼き上げたスペシャルメニュー。焼き上げる際に鶏から出た、うまみたっぷりの脂で作った、自家製グレイビーソースをかけて提供する。

店内は、“カーネル・サンダースのホームパーティー”をコンセプトとし、あたたかみのある木目調のインテリアと、カーネル・サンダースの生涯をたどる写真で構成する。幅広い世代の人がゆっくりと食事を楽しめるよう、ベビーカーや大人数に対応可能なテーブル席も用意。日本KFCは、「KFCの、“誰にも真似できないおいしさ”と“心からのおもてなし”の体験を提供する」としている。

「KFC Restaurant 南町田グランベリーパーク店」の利用料金は以下の通り(税別)で、ソフトドリンクバー付き。

◆平日ランチ(11:00~17:00、制限時間80分)
大人1980円、小学生980円

◆平日/土日ディナー(17:00~22:00、制限時間90分、ラストオーダー20:30)
大人2580円、小学生1280円

◆土日ランチ(11:00~17:00、制限時間80分)
大人2180円、小学生1080円
幼児(4歳~6歳)は曜日時間帯問わず480円、3歳以下は無料。

1/2ページ

最終更新:11/13(水) 16:45
食品産業新聞社ニュースWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事