ここから本文です

なぜ“おまる”も買い取れるのか…リサイクル店に聞いた『高値で売るコツ』となるほどな中古品ニーズ

11/13(水) 16:05配信

東海テレビ

 秋も深まり、衣替えを進めている人も多いのではないでしょうか。そんな時にピッタリな、家中の不用品を買い取ってもらえる「リサイクルショップ」を取材しました。

【画像で一気に見る】リサイクル店に聞いた『高値で売るコツ』となるほどな中古品ニーズ

■冬物リサイクルのポイントは?全国89店舗展開「エコリング」が査定

 黄色い看板のリサイクルショップ「エコリング」。全国に89店舗あり、愛知県には13店舗を展開しています(10月21日現在)。どんなものを買い取ってもらえるか聞きました。

エコリング 中部エリアマネージャ 金谷さん:
「ブランド品に限らず、ノーブランド品とかも扱っています。衣替えの時期になるので、やはり服が多いですかね。特に夏物、冬物、問わず買取は行えるので、結構、出張買取のご依頼は頂きますね」

 出張費無料の買い取りサービスもあるそうです。どのように行われるのか、出張区域外のお宅でしたが、新築に引っ越したばかりの大宮さんの協力をいただき、見せてもらいました。

■査定のプロだからわかる“買い取りのポイント”

 大宮さんは、ご主人と3人のお子さんの5人家族です。

 まずは衣類から。ご夫婦のクローゼットへ行くと、コートなどアウター類がたくさん。今は衣替えシーズンですが…。

エコリング金谷さん:
「これから中古市場で冬物が売れ始める時期なので、状態が良ければ今のシーズンが一番高くは買い取れます」

 今の時期は冬物、つまりひとつ先のシーズンのものを高く買い取ってもらえるそうです。ただ、アウターをチェックすると…。

エコリング金谷さん:
「毛皮、ファーがお好きですか?」

大宮さん:
「そうですね、たまたま」

エコリング金谷さん:
「今は、毛皮に対して欲しいっていう需要が本当に減ってしまったので、買取はできるんですけど、値段が安くなってしまう」

 毛皮というと、高い値がつきそうなイメージがありますが、今はそうではないそうです。その理由は、国際的に高まっている動物愛護の意識。毛皮を使用しないブランドも増え、着る人も減っているそうです。

 衣類を少しでも高く買い取ってもらうポイントは、流行のものかどうか。早め早めに手放すのがコツです。

1/3ページ

最終更新:11/13(水) 16:05
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事