ここから本文です

注目の「楽器寄付」ふるさと納税 ボロボロ楽器を使う吹奏楽部を笑顔にする取り組みとは

11/13(水) 11:31配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 ボロボロの楽器を使い続けるしかない中学校の吹奏楽部を救おうと、「ふるさと納税」の制度を活用した取り組みが、注目されています。吹奏楽部を笑顔にする、その取り組みとは?

 2019年10月から愛知県日進市で始まったという、ふるさと納税の新たな取り組み。県内初のその制度を心待ちにしていたのは、日進市立日進東中学校の吹奏楽部です。

 ふるさと納税とどんな関係が?

「事件が起きてる。あっ、ぬけた…抜けない…」
「ここ(修理)のひもがここについているんですけど、使えない状態の楽器がたくさんでとても困っています」(部員)

 かなり年季の入った楽器を使っている生徒たち。ボロボロになるまで楽器を使い込んでいるのにはわけがありました。

楽器っていくらくらいするの?
「30万とかそれより上くらい」(部員)

 吹奏楽部が使う楽器は高額なものが多く、中学校の予算では修理するだけでかなりの費用がかかります。

 楽器を新規に購入するのは難しい…。そこで日進市は、ふるさと納税制度を活用して、楽器を寄付してもらおうと考えたのです。

「子どもたちへの音楽活動支援になる。(寄付後に)子どもたちとの交流の取り組みを行っているというところに着目して」(日進市財政課 小出誠二課長)

 その仕組みとは…

 日進市は家庭で使われていない楽器を寄付してもらい、それを業者が査定。その額に応じた税金を控除し、寄付された楽器は中学校などで活用。そして返礼品として寄付した人を、演奏会に招待するというのです。

 楽器の寄付はまだ行われていませんが,新しく楽器が来ることに部員たちは…

「いい音も出ると思うし、みんなのモチベーションが上がると思います」
「新しい楽器がきたら大事にずっと使うように」(部員)

三重県いなべ市の「楽器寄付ふるさと納税」

 実はこの取り組みを一足先にスタートさせたのが、三重県いなべ市。2年前、いなべ市立大安中学校では部員たちが使う楽器が足りていませんでした。

「来年度の楽器が 足りなくなっているという状況なので、来年1年生を 迎えられないんじゃないかというのが課題」(大安中学校・吹奏楽部 嶋田茉莉先生)

1/2ページ

最終更新:11/13(水) 11:31
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事