ここから本文です

先取り貯蓄を取り崩す…貯蓄140万円のアラフォー独身女性

11/13(水) 18:30配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

都内の40代独身女性のお金事情

今回の相談者は、貯蓄総額140万円のアラフォー未婚女性。退職金が期待できない中、老後資金を自力で用意するために先取り貯蓄を始めたといいますが……。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

【相談者の悩み】

若いころからずっと契約社員で働いてきたアラフォーの独身女性です。2年前、ようやく正社員になることができました。契約社員を18年ほど続けていたのですが、趣味にお金がかかることもあり、生活はかつかつの状態でした。貯蓄はなんとか100万円あったかなという状況です。

正社員になり、ボーナスがもらえるようになったため、この2年で貯蓄は40万円増え、今の貯蓄総額は140万円です。自分ではよく貯めたと思っていたのですが……。先日、老後資金は2000万円必要だとか、年金だけでは暮らせないということが話題になりました。もちろん、年金だけで暮らせると思っていたわけではありませんが、貯蓄が少ない上、40歳からの正社員だと退職金もそんなにもらえませんから、自分で貯めていかなくてはいけないだろうと思っています。

年金をもらう65歳までの間、今の会社を定年退職しても何か仕事を見つけて働くつもりです。これからの25年間でなんとか2000万円を貯めることはできないでしょうか。今年から、月2万円の先取り貯蓄を始めました。しかし、思うように貯まりません。そうであれば、iDeCoやつみたてNISAを利用したほうがよいのかとも考えているのですが、結論が出ません。今まで趣味を楽しんできましたが、自由に使えるお金がたくさんあったわけではないので、老後は穏やかに楽しく暮らせるように準備をしておきたいです。

〈相談者プロフィール〉
・女性、39歳、未婚
・職業:会社員
・毎月の手取り金額:18.2万円
・年間の手取りボーナス額:約60万円
・貯蓄:140万円(定期預金)

【支出の内訳(19.5万円)】
・住居費:5.4万円
・食費:3.1万円
・水道光熱費:0.8万円
・交通費:1.8万円(ついタクシーを利用してしまう)
・通信費:0.8万円
・交際費:0.5万円
・被服・美容費:0.3万円
・趣味・娯楽費:2.5万円(習い事ほか)
・その他:2.3万円
・先取り貯蓄:2万円

1/3ページ

最終更新:11/13(水) 18:30
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事