ここから本文です

【神宮大会】大阪桐蔭、履正社を飲み込む強打で近畿の頂点に立った天理のキーマンたち

11/13(水) 19:00配信

高校野球ドットコム

 奈良大会は苦戦の末に3位通過した天理。しかし、近畿大会では中村良二監督が試合の度に「ビックリしました」と発言するほどの快進撃を見せて激戦の近畿大会を制した。準決勝で履正社、決勝で大阪桐蔭を倒しているだけにその価値は大きい。

【トーナメント表】天理の初戦は仙台育英

 その立役者となったのが、主将でリードオフマンの下林 源太(2年)だ。初球から積極的に振れる打撃が持ち味で、近畿大会では16打数11安打2本塁打と大暴れ。特に第1打席で3打数2安打1本塁打1四球と強さを発揮した。

 そして、天理の特徴が日替わり打線だ。近畿大会で固定されたのは1番の下林と4番の山地 裕輔(2年)のみ。他の打順は試合によって入れ替わっていた。

 その中で2番や下位を打つ山元 太陽(2年)と杉下 海生(1年)が要所で好結果を残しており、神宮大会でもキーマンとなりそうだ。

 準々決勝で出場のなかった河西 陽路(2年)が準決勝でサヨナラ打を放つなど、試合によってヒーローが入れ替わった近畿大会。神宮大会でも指揮官を驚かせるような戦いができるだろうか。

 投手陣は、近畿大会で準決勝までの3試合を一人で投げぬいたのがエースの庭野 夢叶(2年)。最速が137~8キロ(本人談)のストレートにカーブ、スライダー、スプリットを丁寧に投げ分ける。テンポよく打たせて味方にリズムを呼び込める好投手だ。

 決勝戦で好投を見せたのが、身長192センチ右腕の達 孝太(1年)。角度のある最速141キロのストレートを打つのは容易ではない。制球力や変化球の精度も悪くなく、将来性が楽しみな逸材だ。

 近畿大会で登板はなかったが、左腕の吉岡 大誓(2年)も変化球を巧みに使う実戦派。起用されることがあれば、それなりの結果を見込めるはずだ。

馬場 遼

最終更新:11/13(水) 19:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事