ここから本文です

来春センバツは3月19日に開幕 出場校決定は1月24日

11/13(水) 15:01配信

中日スポーツ

 来春センバツ(第92回選抜高校野球大会)は3月19日に開幕することが決まった。13日、大阪市内で開かれた日本高校野球連盟と毎日新聞社による臨時運営委員会で決定、発表した。大会は13日間。今夏同様に準決勝と決勝のそれぞれ前日に休養日が設けられる。出場校は昨年と同じ32校。出場校を決める選考委員会は来年1月24日、組み合わせ抽選会は3月13日に大阪市内で開かれる。

 出場校選考の重要な資料となる秋季地区大会の成績は次のとおり。

 北海道(1枠)は優勝が白樺学園、準優勝が札幌日大。

 東北(2枠)は優勝が仙台育英(宮城)、準優勝が鶴岡東(山形)、4強が盛岡大付(岩手)と仙台城南(宮城)。

 関東・東京は6枠で、関東大会の優勝が高崎健康福祉大高崎(群馬)、準優勝が山梨学院、4強が東海大相模(神奈川)と桐生第一(群馬)。8強は習志野(千葉)、花咲徳栄(埼玉)、西武台(埼玉)、桐光学園(神奈川)。東京大会の優勝は国士舘、準優勝が帝京で4強が創価と城東。

 東海(2枠)は優勝が中京大中京(愛知)、準優勝が県岐阜商、4強が藤枝明誠(静岡)と加藤学園(静岡)。

 北信越(2枠)は優勝が星稜(石川)、準優勝が日本航空石川、4強が佐久長聖(長野)と北越(新潟)。

 近畿(6枠)は優勝が天理(奈良)、準優勝が大阪桐蔭。4強は智弁学園(奈良)と履正社(大阪)。8強は智弁和歌山、明石商(兵庫)、京都翔英、奈良大付。

 中国・四国は5枠で、中国大会の優勝が倉敷商(岡山)、準優勝が鳥取城北で、4強は創志学園(岡山)と広島新庄。四国大会の優勝は明徳義塾(高知)、準優勝が尽誠学園(香川)で、4強が岡豊(高知)と高知中央。

 九州(4枠)は優勝が明豊(大分)、準優勝が大分商。4強は鹿児島城西と創成館(長崎)で8強は福岡第一、沖縄尚学、城北(熊本)、宮崎日大。

 15日に開幕する明治神宮大会の優勝チームの地区から「神宮枠1」が加わり、あとは「21世紀枠」で3校が選ばれる。

最終更新:11/13(水) 15:04
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事