ここから本文です

[プレミア12]日本戦先発回避の米国右腕 豪州戦に先発も敗戦投手に

11/13(水) 15:51配信

中日スポーツ

 「プレミア12」の米国ーオーストラリア戦が13日、東京ドームで行われ、米国はコンディション不良を理由に12日の日本戦先発を回避したハウクが先発した。5イニングを2安打2失点で降板。試合は1ー2で敗れ、負け投手となった。

 米国のブローシャス監督は「きょうのハウクはしっかり準備できて、内容も良かった。先制された1回以降は落ち着いていた」と評価。コンディション不良の詳細は説明しなかった。

 日本戦では予告先発として発表されていながら、試合開始の約3時間前に回避。代わりに先発したマーフィーの前に日本打線は3イニングを無安打に封じられ、大会初黒星を喫した。

最終更新:11/13(水) 15:51
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事