ここから本文です

福山雅治「どっぷりハマって」クラシックギター6本購入「右手の爪も伸ばすようになった」

11/13(水) 22:26配信

中日スポーツ

 映画「マチネの終わりに」(西谷弘監督)の公開記念舞台あいさつが13日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演の福山雅治(50)、ヒロイン役の石田ゆり子(50)らが舞台あいさつを行った。

 芥川賞作家の平野啓一郎さんの原作を映画化。福山演じる世界的クラシックギタリストと、石田演じるジャーナリストの、東京・パリ・ニューヨークを舞台にした6年の恋模様を描く。

 撮影のため半年近く演奏の練習を重ねたという福山は、「この映画でクラシックギターと出会えたことが大きい。どっぷりハマって6本買いました。(弾くために)右手の爪も伸ばすようになった。伸びた爪も僕にとっての出会い」と感慨深げに話した。

 石田も「私もクラシックギターにハマった。うちの動物たちが気持ち良さそうに(CDを)聞くので、自分も弾けるんじゃないかと思ってギター買いました。ぜひ、みなさんもチャレンジしてください」と、魅力をアピール。「ぜひ、ご一緒に!」と福山をセッションに誘った。

最終更新:11/13(水) 22:26
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事